「原因と結果」の経済学

「学力の経済学」でもおなじみの中室牧子さんと二人三脚で書いてきた本である「原因と結果の経済学」がいよいよ発売になりました。徹底的に分かりやすくなるように2年間かけて何度も書き直した渾身の一冊です。 アメリカでは「相関関係…

『完全独習ベイズ統計学入門』を読んで

帝京大学経済学部教授の小島寛之先生の『完全独習ベイズ統計学入門』(ダイヤモンド社、2015年)を読みました。小島先生といえば、『完全独習統計学入門』(ダイヤモンド社、2006年)という有名な本を書かれた方であり、この本は…

医療政策研究と因果推論

2つの事柄が原因と結果の関係にあるのか、ないのかを識別する方法を「因果推論」と呼びます。たとえビッグデータがあっても、正しい因果推論の手法で解析しなければ、そこから意味のある情報を得ることができません。因果関係と相関関係…